100年以上前に建てられた土蔵の仕込蔵には、蔵付き酵母が住み着いて伝統の酒造りを守っています。

真名鶴酒造は宝暦元年(1751年)越前大野にて酒造りを始めました。

越前大野は地下水が豊富で、町のいたるところに湧水地があり、日本一水のおいしい町として知られています。

​常に新しい挑戦を続ける真名鶴酒造の最新の話題やニュースをお届けいたします。

NEWS & TOPIX
越前大野の名水
歴史
酒蔵
DSC04344.JPG
酒林001.jpg
200208051144990.JPG
仕込蔵二階-002.jpg